院長コラム

2017.08.11

筋肉が溶ける・・・?

最近は週刊誌で「飲んではいけない薬」「やってはいけない手術」というようなタイトルをよく目にするようになりました。私も気になって目を通したりしますが、印象としては「確かにそういうこともあるけれど・・・」という感じです。「~してはいけない」とか「こういう医者に殺される」などとショッキングな文言を並べることで読者の目を引きたいのでしょうが、ことさら物事の負の一面だけをクローズアップしているものが多いように思えます。

たとえば、コレステロールを下げる薬としてよく用いられるスタチンという系統の薬がありますが、この薬には、筋肉細胞が溶ける横紋筋融解症という副作用があります。よく「筋肉が溶ける」と書かれており、内服している人はびっくりすると思います。確かにいったん発症すれば重篤なものですが、そもそも発症する確率は2万人に1人というもので、めったに起こらないものです。それよりもこの薬を内服することで動脈硬化の進行を防ぎ、心筋梗塞や狭心症を防ぐという恩恵にあずかる人の方がずっと多いことが分かっています。薬というものは必ず効果と副作用があるので、内服することのメリットとデメリットを理解した上で飲むべきだと思います。

現在行われている特定健診でも、コレステロールの異常を指摘される人も多いと思いますが、ガイドラインに従えば、その人によって、コレステロールの目標値は異なるので、異常値が出た人がすべてスタチンを内服しなければいけないということはありません。心筋梗塞の既往のある人の悪玉コレステロールの目標値は100mg/dL未満ですが、高血圧・糖尿病・喫煙のリスクが無いような最も心筋梗塞のリスクが低い人の目標値は160mg/dL未満です。また、閉経前の女性は心筋梗塞のリスクが低いことも分かっているので、それらを考慮した上で内服するかどうかを決めるのが良いと思われるので、特定健診を受けて終わりにしないで、きちんとその評価を医師と共にするべきだと思います。もちろん、内服する市内に関わらず、生活習慣の改善が最も大事なことは間違いありません。



最後に週刊誌などに惑わされないようにするために、以下のような特徴がある記事はよくよく吟味して読んでください。



1.くすりや治療の副作用や合併症などのデメリットばかり伝え、メリットについては伝えない

2.まれな重大な副作用でも、その確率を示さず、いつも起きるかのように伝える

3.大規模な研究に基づく論文や多くの医師が参考にする診療ガイドラインではなく、限られた医師の意見や患者の体験談を根拠にしている

4.文言が過激で断定的

2017.07.06

家庭血圧の測定方法

健康管理のため自宅で血圧を測定されている方は多いかと思います。その家庭での血圧測定は誤差が多いという研究結果がカナダでから発表されました。その発表によると家庭血圧計による測定値の69%で5mmHg以上の誤差があり、10mmHg以上の誤差も29%で認められたとのことです。

現在の高血圧治療ガイドラインでは「診察室血圧と家庭血圧の間に差がある場合、家庭血圧による診断を優先する」となっているので、あまり差があるのは好ましくありません。病院で測ると家での血圧より高くなるという人の中には医師や看護師を見ると緊張して血圧が高くなるという「白衣高血圧」の方もいるかと思いますが、大事なのは「正しく血圧を測ること」です。家庭で血圧を正しく測るためには以下のことに注意してください。

【朝の場合】
〇起床後1時間以内
〇排尿後
〇薬を飲む前
〇朝食前
〇血圧計の前に座って1~2分後

 

【夜の場合】
〇寝る前
〇入浴や飲酒の直後は避ける
〇血圧計の前に座って1~2分後
測定時に気をつけることは
●カフは心臓の位置に合わせます。

カフの位置が心臓より上だと血圧が低く、下だと血圧が高く測定されてしまいます。特に手首式の器械の時は中止してください。
●カフは指1本が入る位のキツさで巻きます。

カフの巻き方がきついと血圧は低く、ゆるいと高く測定されます。
●薄手のシャツまたはTシャツで測ります。

上着の袖をたくしあげると腕を圧迫して正確に測ることができません。
●測定は原則2回で、その平均値を記録する

初回の測定値は2回目以降よりも高いことが一般的です。1回のみの測定の場合には、1回のみの血圧値を、3回測定した場合には3回の平均を用いることもOKです。



血圧を測る場合には、「毎日決まった時間に、決まった条件で、正しい測り方で」測りましょう。

私が患者さんに聞かれた時には、「朝食を食べる前に食卓に着いた時に、深呼吸をしてから血圧を測り、記録してから食べましょう」と答えています。


(※大日本住友製薬ホームページより)

2017.06.07

メタボ健診

6月1日に全国の市町村が主体となって「特定健康診査」が始まりました。当院でも白岡市をはじめ、久喜市・蓮田市・宮代町の対象の方に健診を行っています。これは「特定健診」「メタボ健診」とも言われているもので、高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を重症化させるメタボリック症候群を早く見つけて早く対処することを促すことを目的としたものです。

メタボリック症候群の原因は、ご存知の通り肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した「内臓脂肪型肥満」です。メタボリック症候群を脱するにはやはり肥満と戦う必要があります。 肥満の原因の一つに睡眠不足があるのをご存知でしょうか? これまでの疫学研究で、慢性的な睡眠不足が肥満をもたらすことがわかっていましたが、その詳細な機序は分かっていませんでした。先日、睡眠時間を大幅に制限すると、食欲抑制にはたらくホルモンが減少し、空腹感が増すなど食欲に影響を及ぼし、その結果、肥満リスクが増加するという発表がありました。実験では、睡眠時間を7時間から半分に制限すると、食欲抑制作用をもつペプチドホルモンであるペプチドYY(PYY)の分泌が有意に低下したほか、1時間ごとに質問票で評価した空腹感が増すなど、食欲に影響を及ぼすことも明らかになりました。

ちなみに、起きている分のカロリー消費量は増えますが、1日全体でのカロリー消費量は変わらないそうです。つまり、寝不足で疲れているから体が栄養を欲しているというわけではないようです。十分な睡眠をとることが心身の疲れを取り、肥満を防ぐことにもつながるということですね。蛇足ですが、寝過ぎは男性の糖尿病リスクを高める、という研究結果もありますので何事も“過ぎたるは猶及ばざるが如し”です。

2017.05.12

胃アニサキス

最近、新聞の記事でアニサキスによる食中毒が急増しているということを目にしました。アニサキスとは通常魚介類に棲みついている寄生虫のことですが、そのアニサキスの幼虫が寄生している魚などを食べることでヒトが感染し、腹痛などの症状が起きます。アニサキスが人のどの内臓で悪さをするかで症状が異なりますが、ほとんどはアニサキスの幼虫が胃で症状を起こす”胃アニサキス症”になることがほとんどです。

サバ、アジ、イワシ、イカ、サンマなどが感染源になることが多いですがサバが一番多いようです。これらの魚介類の生食後数時間して,激しい上腹部痛,悪心,嘔吐をもって発症するのが胃アニサキス症の特徴です。これはかなり痛いです。なぜ分かるかというと、実は私も一度アニサキスには痛い思いをしました。自分の場合はイカの刺身でしたが、食後8時間後くらいから痛み出しました。その頃はまだ駆け出しの医師だったので、先輩の医師に内視鏡をしてもらいました。自分の胃の粘膜に噛み付いているアニサキスを見るのはかなり衝撃的でした。すぐに道具でつまんで除去してもらいましたが、摘出したアニサキスは2-3cmの糸状の細くて小さいものでした。こんな小さいものがこれほどの痛みの原因になるのかと不思議に思ったものです。時が経って、今では自分が治療する立場になっていますが、海の無い埼玉でも油断できません。

この1年で当院でも2例アニサキスを除去しています。どこでも新鮮な魚介類が食べられるようになった弊害といえるかもしれません。海産魚介類の生食を避けること,あるいは加熱後に食べること(60℃で1分以上)が,確実な感染予防の方法ですが、やはり刺身を食べたいですよね。ちなみに、醤油、わさび、酢がアニサキス症の予防に有効ではないかと期待されていましたが、料理で使う程度の量や濃度,処理の時間では虫体は死にません。シメサバでの報告も多いです。治療法としては、胃アニサキス症では胃内視鏡で胃粘膜に穿入する虫体を見つけ、これを鉗子で摘出することになります。これも鼻からの細い内視鏡でできるようになったため、以前よりは楽に受けられるようになりました。ちなみに、私は今でもイカの刺身やシメサバは大好きです。

2017.04.26

肺炎球菌ワクチン

平成26年10月1日から、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳および100歳の方を対象に、肺炎球菌ワクチンが定期接種となりました。今年も接種が始まっており対象の方は以下の方です。



65歳 昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生まれ

70歳 昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生まれ

75歳 昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生まれ

80歳 昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生まれ

85歳 昭和 7年4月2日~昭和 8年4月1日生まれ

90歳 昭和 2年4月2日~昭和 3年4月1日生まれ

95歳 大正11年4月2日~大正12年4月1日生まれ

100歳 大正 6年4月2日~大正 7年4月1日生まれ



対象の方には各自治体が通知が届いているかと思いますので、それで気づいている方も多いかと思います。



現在日本では肺炎が死因の第3位であり、中でも肺炎球菌が原因菌の約1/4を占めます。ワクチンの接種で肺炎がすべて予防されるわけではありませんが、外出後の手洗いやうがい、禁煙などの生活習慣に加えて予防接種を行うことでさらに肺炎のリスクが下がると思われます。



以前、肺炎球菌ワクチンは任意接種でしたので、希望者が自費で行っていました。現在では定期接種の対象の方には、公費の助成があり、接種しやすくなりましたが地域によって金額に差があります。当院のある白岡市や近隣の久喜市・宮代町・蓮田市では自己負担金が3000円で接種できますが、加須市・幸手市は5000円です。白岡市の方は電話で予約の上、通知はがきを持参してください。当院で予診票をお渡しいたします。白岡市以外の方はお住まいの地域の保健センター等に連絡し予診票をもらってください。それを持参して電話予約の上、当院にお越しください。



また、対象でない方も肺炎球菌ワクチンの接種は可能です。以前接種した方も5年以上経つとワクチンの効果が低下することが示唆されているため追加接種が可能です。



ただし、その場合は残念ながら自費になってしまいます。



以前にご自身でワクチンを接種した方もいらっしゃるかと思いますので、ご不明な点があればご相談ください。



また、肺炎に関しては以下のページがわかりやすいかと思います。


2017.04.10

シンポニー

今度”潰瘍性大腸炎”の治療薬として使用できる薬が増えることになりました。「シンポニー」という注射薬です。潰瘍性大腸炎は現在の日本の総理大臣でもある安倍首相が患っていることでも知られる難病ですが、患者さんは増加傾向で現在は16万人以上いるといわれています。そういう病気なので治療の選択肢が増えることは、患者さんにとっても、我々消化器を診る医師にとってもありがたいことです。

潰瘍性大腸炎の症状としては慢性的な下痢や血便、腹痛などがありますが、当初は症状からだけでは診断がつきにくいこともあります。特に、ストレスが引き金になって起きる”過敏性腸症候群”と区別がつきにくいこともあり、実際に長く過敏性腸症候群と診断されてきましたが、あらためて大腸内視鏡検査を受けてみて初めて潰瘍性大腸炎と診断がつく方もいらっしゃいます。今の時期は就職や進学など大きく環境が変わったせいでお腹の調子が思わしくない方も多いかと思います。単なる下痢と思わず、症状が続く方は一度消化器の専門医に相談することをお勧めします。きちんと診断することが正しい治療にも繋がります。

2017.03.03

ストレスと胃腸障害

3月、4月は卒業や入学、就職、転勤、転居など人生にとって重要なイベントが起きる季節ですね。そのようなタイミングで胃や腸の不調を訴える方が多く医療機関を受診されます。症状にあわせて内視鏡などの検査を行うのですが、異常を認められないことも多くあります。このような明らかな異常がないのに消化器症状が現れる病気が「機能性胃腸障害」といわれるものです。

「胃が痛い」「胃がムカムカする」「お腹が張る」「食事をするとすぐに満腹になる」などの症状があるのに胃カメラや腹部エコーを行っても異常がみられないのものを”機能性ディスペプシア”といいます。また、「便秘・下痢の排便異常」「腹痛やおなかの不快感」が続くのに大腸内視鏡や腹部CTなどの検査では異常が認められないものを”過敏性腸症候群”といいます。ともにストレスが大きく関与しているといわれており、治療としては対症療法が主となります。

数種類の内服薬があるので、患者さんの症状にあわせて何種類かの薬を組み合わせて処方するのですが、その方にぴったり合う処方を探すのに時間がかかることもありますが、患者さんと主治医とで根気強く治療に当たることが大事だと思います。近日、過敏性腸症候群の「便秘型」に対する新薬が発売されます。医学も日々進歩していますので、思い当たる症状がある方はぜひ相談してください。ただ、自分で「機能性胃腸障害」と思い込むと本来の病気の診断が遅れることもありますから、きちんと検査を受けて、重大な病気がないことを確認することが大事です。

2017.02.01

「乾燥性皮膚炎」と「肛門のかゆみ」

この季節は乾燥が色々な問題を起こしますが、乾燥性皮膚炎(皮脂欠乏性湿疹)もそのひとつです。この季節は誰でも皮膚が乾燥しますが、加齢とともに皮脂の欠乏も進むため、高齢の方ほどかゆみなどの症状に困ることになります。このかゆみへの対策として1月10日米国皮膚科学会(AAD)が11のヒントを紹介しました。



【かゆみを軽減する5つのヒント】

 ・冷湿布や氷嚢を、痒みのある部位に5-10分または痒みが引くまで当てる

 ・水痘や帯状疱疹、漆かぶれ、日焼けなど 、水疱形成や滲出がある場合は、オートミールを加えた湯で入浴する

 ・保湿する。保湿剤は添加物や香料を含まないものを選ぶ

 ・局所麻酔薬(pramoxine含有製剤)を塗る

 ・メンソールやカラミンなどの冷却剤を塗る。保湿剤を冷蔵庫で冷やすと、冷却効果が高まる

【かゆみ予防の6つのヒント】

 ・入浴やシャワーにはぬるめの湯を使い、時間は10分以内にする

 ・刺激を最少にするため、せっけんやローションは無香料のものを使う。「無香料」と表示していても、刺激になる化学物質を含んでいることがあるので注意

 ・薬剤の使用は皮膚科医の指示に従う。薬剤を塗ってから、全体の皮膚に保湿剤を塗る

 ・衣服は木綿製で身体を締めつけない ものを選ぶ

 ・極端な気温の変化を避ける。家の中では、比較的涼しく適度な湿度のある環境を保つ。冬季に皮膚の乾燥や乾癬を起こしやすい人は、加湿器を使うとよい

 ・痒みはストレスで増悪するので、ストレスを避ける



といったものですが、簡単に言うと「保湿すること」「皮膚への刺激を少なくすること」「適切な薬剤を用いること」ということです。ただ、かゆみの原因が肝臓の病気などのこともありますのでかゆみが続く場合は相談していただければと思います。

当院では「肛門科」を標榜していることから、「肛門のかゆみ」を訴えて受診される方も多いです。このかゆみに対しても先に書いたヒントは通じるものがあります。当院で指導しているのは

1.絶対に掻かない

2.シャワートイレの水の勢いを強くしない

3.強く拭きすぎない

4.入浴時も洗い過ぎない。洗うときはシャワーで洗い流す程度にするか、洗剤を使うにしても刺激性の少ないものを手であわ立ててそのまま手でやさしく洗う



ということです。肛門は「皮膚」と「粘膜」という要素を持っているので、皮膚よりデリケートです。だから、かゆいからといって乱暴にかかないことはとても大事です。かいてしまうと皮膚のバリアーが壊れてますますかゆみが強くなったり、感染のきっかけになったりすることもあります。そのため、かゆみが強い場合や、寝ている時に無意識にかいてしまう場合などはかゆみ止めの内服を処方する場合もあります。ま た、かゆみの原因を調べることも重要です。痔ろうや便失禁などが背景にあることもあります。そういった場合は軟膏だけでは治りません。あとは診断に合わせて適切な外用薬を使うことになります。

以前はぎょう虫などの寄生虫によるものもありましたが、現在では激減しており、学校健診からも2015年度限りで廃止されています。

皮膚にしても肛門にしてもかゆみはかなりつらい症状なので、かゆみが続く場合はご相談ください。

2017.01.25

花粉症について

先日当クリニックも開業2年目を迎えましたが、今までで患者様によく言われたことがあります。それは「消化器内科だから風邪とか高血圧は診てもらえませんか?」というものです。当クリニックは内視鏡検査を主とした消化器内科を得意としていますが、「普通の風邪」も診ますし、「高血圧」「糖尿病」といった生活習慣病も対応しています。色々なご相談に対応できる「かかりつけ医」を目指していますので、お困りのことがあれば声をかけていただければと思います。

この頃はインフルエンザに代表されるウイルス性疾患が流行しており、鼻水やのどの違和感でお困りの方は「風邪かな?」と思われることでしょう。もちろん、今はそうであることが多いのですが、もうすぐもう1つの「困った相手」が出現します。そう、花粉です。今年の花粉の飛散量は東京では昨年よりもやや多く、埼玉・群馬・栃木では昨年より少ないと予想されています。私も花粉症なので今からびくびくしています。飛散開始時期は例年通りと言われていますが、1~2月の気温も影響しており、この時期の気温が高いと時期が早まると言われています。去年までは花粉症じゃなかったのに今年から突然発症することもありますから、風邪と思い込まないようにしてください。1週間以上水っぱなが続く場合は、花粉症の可能性が高いので、悩ましいときは相談してください。軽症の場合はマスクだけでも対応できることもありますが、薬がよく効く疾患ですし、内服だけでなく点鼻薬や点眼薬もありますので、それぞれの症状に合わせた処方が可能です。

2017.01.04

新年のご挨拶

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

皆様にとって良き一年でありますよう心よりお祈り申し上げます。



当クリニックも開院してから2回目のお正月を迎えました。昨年の正月はこれから1年どうなるのか不安ばかりでしたが、終わってみると、少しずつ地域の皆様に当クリニックを知っていただくことができたように思います。内視鏡検査も白岡市や久喜市だけでなく、宮代町、杉戸町、幸手市、加須市や蓮田市、さいたま市などからも来ていただけました。群馬や東京からわざわざ来ていただいた方もいらっしゃいました。これは、皆さまが少しでも苦痛を少なく検査を受けたいということのあらわれだと思います。今後も少しでも楽に検査を受けられることで、次回の検査に対する気持ちのハードルが下げられるようにできたら、と考えております。

また、皆さまからいただいた質問の中でも多かったのが、「風邪も診てもらえますか?」や「高血圧や糖尿病も診てもらえますか?」といったものでした。もしかしたら当クリニックの「消化器内科」という名前が消化器しか受け付けないという印象を与えているのかもしれません。当クリニックでは確かに消化器を専門としておりますが、常に目指しているのは皆さまのかかりつけ医です。風邪やインフルエンザももちろんのこと、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の管理もご相談いただければと思います。「こんなことを聞いても大丈夫かな・・・」といったことでも、尋ねていただければ、できる限りお答えするつもりです。もちろん、当クリニックで対応できない場合は、他院への紹介なども致します。

今年も皆さまの健康に貢献できるよう、スタッフともどもさらに頑張ってまいりたいと思います。本年もよろしくお願いいたします。

1 2 3 4 5 6 7