外科

一般外科

一般外科日常的な外傷(切り傷、すり傷、打撲、やけど、など)、炎症(蜂窩織炎、できもの、など)、鶏眼(うおのめ)、巻き爪の外科的処置、皮下腫瘤(粉瘤、脂肪腫)の切除などを行っています。
当クリニックでは、自分や家族が検査を受ける時にはこういう風にしてほしい、ということを患者さんに行うようにしています。そのため処置はなるべく痛くないことを一番に考えます。まず、縫わなくても治るものであれば、できるだけ縫合処置は行いません。その際は“湿潤療法”を用います。縫合する際も、最初に麻酔ゼリーを使う、局所麻酔はできるだけ細い針を使う、などに気を付けています。
皮下腫瘤も傷も小さいほうが治りもよく痛みも少ないため、粉瘤には可能な限り“へそ抜き法”を用いています。
「イヌやネコにかまれた」「傷が腫れて化膿している」「釣り針を刺してしまった」「しこりが最近大きくなってきた」という方もご相談ください。

当院で行う外科手術

湿潤療法

傷を消毒して乾燥させ、かさぶたを作って治すこれまでの治療とは異なり、傷口を水で洗い流し、創傷被覆材で覆う治療です。従来の治療では再生が遅く、消毒液が元気な皮膚までをも傷めていましたが、湿潤治療は傷口から出てくる滲出液を封じ込め、湿った状態で治すため、そうした弊害が少なくて済みます。治るのも速く、より綺麗に皮膚が再生されます。

粉瘤の手術

粉瘤の手術粉瘤(ふんりゅう=アテローム、アテローマとも呼ばれる)は、なんらかの原因で皮膚の下(表皮)に嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋状の構造物ができ、本来は新陳代謝によって剥がれ落ちるはずの古い角質(垢)や皮脂(脂)がその中に溜まることでできる、皮膚の良性腫瘍のひとつです。皮膚がある場所であれば身体中どこにでもできる可能性がありますが、顔や頭、首、耳、背中にできやすい傾向があります。

粉瘤の特徴・症状と大きくなる理由

半球状に盛り上がり、大きさは数mmから数cmのことが多いですが、巨大化すると10cmを超えることもあります。初期段階では、皮下にこりこりとしたしこりだけを感じるだけですが、放置すると袋の中に角質や皮脂がどんどん溜まっていくので、徐々に大きくなっていきます。急に大きくなることもあります。
また、盛り上がりの中央に小さな黒い点(黒点「ヘソ」とも呼びます)ができることがあります。これは開口部(皮膚に開いた穴)で、この黒点が見られると粉瘤であるとの証拠になります。この穴から臭くてどろりとした物質が出てくることがあります。
通常、粉瘤に痛みやかゆみなどの症状はありませんが、感染すると内部に膿がたまって赤く腫れ上がり、痛みをともなうようになります。これを、炎症性粉瘤と呼びます。

粉瘤の根本的治療法は外科手術のみ

粉瘤の根本的な治療法は外科手術のみです。

  • 自然治癒しないこと
  • 徐々に大きくなってしまうこと
  • 感染すると炎症で痛み、発赤、腫脹が生じ治療が必要となること
  • 薬で治療は不可能であること

が理由として挙げられます。
粉瘤は良性の腫瘍であり、感染を起こしていなければ手術するかどうかは、あくまでもご自身の判断であり、手術しないで経過を見るという選択肢もあります。しかし粉瘤を放置すると腫瘍が大きくなったり、炎症や感染をおこしてしまい、結果的に手術をすることになる可能性もあります。炎症が起こったり、感染したりする前の段階であれば、痛みや傷口は最小限におさえることができ、手術時間も短時間で終わります。悪性の可能性は低いとはいえ、摘出した腫瘍の病理検査を行うことも大切です。
手術の方法としては、摘出術、へそ抜き法手術があります。

炎症期の粉瘤の治療法

炎症期の粉瘤の治療法粉瘤が炎症を起こしてしまった場合、まず、抗菌薬、鎮痛薬の投与を行います。化膿して膿がたまっている場合、粉瘤の一部を切開し膿を排出する応急処置を行います。この応急処置(切開排膿といいます)を行い、炎症が落ち着いてから、根治的な摘出術(根治術)を行います。炎症が起きた状態で摘出術を行うと、取り残しのリスクがあがり、再発してしまう恐れがあるからです。

粉瘤の根治手術のメリット・デメリット
摘出術

局所麻酔の後、皮膚を切開し、袋を周りの組織からはずして摘出します。袋すべてをきれいに取り除ければ再発することはほぼありません。

長所
  • 病理検査ができる
  • 炎症後に腫瘍と皮膚が強く癒着している場合にでもきれいに切除できる
短所
  • 癒着が強い時は手術時間がやや長い時がある
  • 2cmの粉瘤を切除するのに、2cm以上の傷ができることになるため、かなり大きく目立つ傷が残ってしまう
  • 背中のように力がかかりやすい部位だと傷が開いてしまう可能性もある
くりぬき法手術

くりぬき法手術くりぬき法は粉瘤の中心にある小さな穴の部分に円筒状のメスを差し込んで、表面の皮膚とともに袋の一部をくり抜く方法です。くり抜いたあと、袋の中の垢などをもみ出し、袋そのものもできるだけかき出します。傷口は小さく縫合しないことが多いです。

長所
  • 傷跡が小さく、目立たなくてすむ
  • 手術時間が短い
  • 傷が小さいため術後の痛みも少ない
短所
  • 術後に縫合しないため、皮膚がくぼんだり、隆起したりする場合がある
  • まれだが再発する可能性がある