院長コラム

2020.05.14

「Afterコロナ」より「Withコロナ」

緊急事態宣言が解除されていく方向となっていく中で、皆さんの新型コロナウイルスへの意識が変わっていくかもしれません。やっと元に戻ることができると思われるかもしれませんが、今回の事態が収束したとしてもそれは「収束」であって「終息」ではありません。感染症は手ごわい相手で、人類はずっと感染症と戦ってきましたが、完全制圧したものは天然痘だけといわれています。それでも、かつて2000万~4000万人死亡したスペイン風邪も、今では季節性インフルエンザとして日常で見られ、インフルエンザの流行期に今のような自粛した生活を送ることはあまりないと思います。それは、治療法が確立しているからです。コロナウイルスに関してもインフルエンザのように予防ワクチンが開発され当然のように接種できるようになり、完全ではないにしても症状を軽くできるような薬が流通するようになれば、必要以上にコロナウイルスを恐れることはなくなると思われます。しかしながら、治療薬はいくつか出てきていますが、一般のクリニックで感染初期から使うことはできず、ワクチンもまだ開発されていません。検査キットもまだインフルエンザのように簡単に使える状況ではありません。
これらのことから考えると、しばらくはコロナウイルスがどこにでもいるということ、自分もすでに感染しているかもしれない、という前提で「Withコロナ」として生活していくことが重要となります。それが”新しい生活様式”として厚労省からガイドラインが発表されていますが、重要と思われるのは

  • パーソナルディスタンスを保つ
  • 3密をなるべく避ける
  • マスクをする

といったところだと思われます。特に最近の報告でも唾液にウイルスが多いことが指摘されており、やはりマスクは人にうつさないことに対しては有効と思われます。これらのことに気を付けながら、日常を少しずつ取り戻していくことになるかと思います。
当院での感染予防の試みとしては

  • 当院に入るときの手指消毒
  • 室内の換気に努める
  • 受付の飛沫予防パネルの設置

また、待合室での「密」予防のため、今後お待ちいただいている人数が院内でも院外でもわかるようにシステムを準備しています。オンライン診療も導入されている施設もありますが、やはり対面でないと当科の性質上、触診もできないと診療が不十分になると思われますので現状では考えておりません。古いかもしれませんが、やはり直接向かい合うことでわかることも多いと思います。
感染を避けたいという思いから不要不急の受診は控えようとお考えと思いますが、不急な受診はあっても不要な受診はないと思います。不急かどうかも見てみないとわからないこともあります。また、なるべく長期の処方で受診回数を減らしたいというお気持ちもあるでしょうが、もともとの疾患を十分にコントロールすることが最も大事です。疾患の種類や重症度に応じた適切な受診間隔を主治医と相談してください。やみくもに医療施設に行くことを怖がらないでください。新しい生活様式の中で、必要な医療を安心して受けられる体制を私たち医療者側は作っていきたいと思っております。

2020.04.23

クリニックでのトリアージ

埼玉でも新型コロナウイルスに感染した方が増えてきました。感染症対応可能な病院でも患者が増えてきたため全ての方が入院できない状態です。病院での外来の対応はパンク寸前となっています。そのため、今までのように全て病院に紹介し、軽症から重症までの色んな患者さんが集中してしまうと重症な患者さんに必要な医療処置が手遅れになってしまいます。医療崩壊を防ぐためにも微力ながら当院も協力しなければいけないと考えています。クリニックレベルでできることはトリアージと言われる、重症度の選別です。熱があっても必ずしもコロナ感染とは限りません。実際に単なる風邪のこともありますし、扁桃炎からの発熱、腎盂腎炎や虫垂炎、皮膚炎からの発熱、肛門周囲膿瘍からの発熱もあります。これらコロナ感染ではない疾患でも、熱があるからと言って全て感染症対応病院に紹介してしまうと、病院も困りますし、紹介された患者さんも逆に感染するリスクを負ってしまいます。この地域の医療を守るためにも当院でできることをやっていくつもりでいます。そのためにも、受診するべきかどうか悩むときには是非ご連絡ください。その際に、皆様にお願いしたいことがあります。病状をなるべく正確に伝えてください。熱や風邪症状、周囲に感染を疑う症状がある方がいるときなども必ず伝えてください。コロナ感染が疑わしければ相談センターに連絡していただきますが、当院で対応できそうな場合は、来院していただく時間を指定させていただきます。感染を広げないため、適切な医療を受けられるようにするためにもご協力をよろしくお願いいたします。

2020.04.16

当院での【内視鏡検査】について

今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大している環境において、消化器内視鏡診療の実施に関する提言が日本消化器内視鏡学会からがありました。

要は

●内視鏡検査は医療従事者が感染するリスクが高いため、感染拡大を防ぐために感染が疑われる患者さんには基本的には内視鏡検査は行わないこと
●感染のリスクが低い方にも不要不急な内視鏡検査は行わないこと
●内視鏡検査を行う場合は、医療従事者はしっかり感染予防体制を整えることということ

です。

不要な検査というものは基本的にはないはずですし、症状があって不安な人に「急ぎじゃないので今は検査しません」というのも違うと思っています。とはいえ、このご時世なので、感染拡大を助長するわけにはいきません。当院でも、検査の必要性・緊急性をしっかり考慮し、医療従事者はしっかりと感染対策を行い、検査の前後で換気や機器の消毒をしっかりと行うことで、安全に検査を行いたいと考えています。

そのため、当面、以下のような症状のある方への内視鏡検査は控えさせていただきます。

  • 感冒症状や37.5℃以上の発熱
  • 2週間以内の新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者との濃厚接触歴
  • 2週間以内の感染多発地域への渡航歴
  • 強い倦怠感や息苦しさ
  • 明らかな誘因のない味覚・嗅覚異常
  • 明らかな誘因なく4−5日続く下痢等の消化器症状

また、検査時はマスクやゴーグル、防護メガネやフェイスガード、ガウンなど、ものものしい格好で検査にあたらせていただきますが、検査を受けられる方がコロナウイルスに感染していると思っているわけではありません。学会の提言に従い、スタンダードプリコーションという感染防御体制をとっているということをご了承ください。
発熱した患者さんに対しては、この格好で診療に当たらせていただきますので、この点もご了承ください。
このような環境であっても、お腹が痛くなる人もいるし下血する人もいます。症状が乏しくても胃や大腸に癌のある方もいます。今は大腸ポリープでも時間が経てば大腸癌になるかもしれません。緊急性があるかどうかは検査をしてみないと分からないことも多くあります。感染が怖いからと言って検査を避けることが、その方にとっていいことかどうかは誰にも分かりません。内視鏡検査で感染するリスクがあるのは患者さんではありません。なので、あまり怖がらず、検査の必要性に関しては医師とよく相談して決めるのがいいと思います。

2020.04.07

緊急事態宣言後

緊急事態宣言が出された後も当面は通常どおりの診療を行います。診療という行為に【不要不急】なものはないと思っておりますし、また、当院の診療行為の性質上オンラインや電話での対応では、十分な対応ができないと考えるため、可及的に従来通りの診療を行います。
来院される皆様が不安を持たれないように、スタッフ全員が毎日勤務前に体調チェックを行い、クリニックの換気、消毒に努めております。また、来院される患者様を全員窓口で体温を測定させていただき、万一発熱がある場合は診察する場所を分けさせていただきます。駐車場の車内でお待ちいただくこともあります。また、明らかな風邪症状がある場合は受診前に連絡をお願いいたします。当院での診療が可能と判断できれば、他の患者様となるべく接しないように、こちらから受診する時間を指定させていただきます。
今まで予約されていた検査等も予定通り行います。検査等で行う局所麻酔・鎮静剤で免疫力が低下することはありません。このような状況でも腹痛・下血等の症状があれば内視鏡検査・治療をする必要がありますし、外傷に対しては縫合手術をする必要もあります。膿がたまって痛みや熱のある場合は切開する必要もあります。肛門の痛みや出血に対して緊急手術しなければいけないこともあります。そのような際には従来通り対応いたします。
ただし、当院では新型コロナ感染の検査目的のPCRはできませんし、胸部CT検査もできませんので、ご理解をお願いいたします。

2020.02.25

埼玉県でもコロナウイルス陽性

埼玉県でも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が出ています(2月22日時点で4人)。すべて中国からのチャーター便帰国者の方です。県内ではまだ、市中感染者の報告はありませんが、いつ出てもおかしくはありません。誰でもかかる可能性もありますし、熱や咳が出ると不安になるかと思います。不安な方は”帰国者・接触者相談センター”に相談するようにとの告知がされていましたが、2月17日の厚生労働大臣の会見以降、相談の対象が大幅に変更されました。そして、埼玉県でもHPで下記のように告知しています。

◉ 帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安

 下記の(1)~(2)いずれかの要件を満たす方

(1)風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です)
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合は、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
〇高齢者
〇糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
〇免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

また、妊婦の方については、念のため重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください、とも付け加えています。

また、2020年2月11日時点のCCDC(中国疾病管理予防センター)から40000人以上を解析した報告が出てきました。
【年齢構成】
年齢構成

【重症度】
重症度

【死亡率】
・1,023例が死亡し、全体の死亡率は2.3%
年齢送別死亡率

併存疾患別死亡率

今まで言われてきたように、
死亡率はSARS(9.6%)やMERS(35%)より低く、インフルエンザ(0.1%)より高い
高齢者がかかりやすく、合併症のある方が死亡率が高い 
ということです。
感染力は高いので、高齢者で持病のある方は特に注意をする必要があるようです。と言っても、マスクや消毒薬が不測していることを考えると、自衛手段としては人の集まるところに行くことを控えるくらいかもしれません。

2020.02.12

新型肺炎は「COVID-19」

今もテレビをにぎわせている新型肺炎ですが、WHOが原因ウイルスをCOVID-19と命名したとのことです。これは、以前”スペイン風邪”や”豚インフルエンザ”という名前から特定の地域や動物が誤解に基づく偏見を持たれないようにとの配慮からです。今なら、”中国―”などの名前が付けば、欧米の方から見れば区別のつかない私たち日本人も今以上の偏見の対象になる可能性もあったかもしれませんから、よかったように思います。あくまでも悪いのは病気であり、動物や地域ではありませんから―。
この肺炎に対し、一般国民向けにSTOP感染症戦略会議がまとめた次の緊急提言が行われました。

新型肺炎対策「STOP感染症・7つの約束」
1.正しく恐れる
2.ウイルスや菌の顔と性格を知る
3.新生活習慣をつくる
4.最新の対策技術にも目を向け情報収集する
5.喉元過ぎても熱さを忘れない
6.新型肺炎以外の感染症にも目を向ける
7.防災用品だけでなく、感染症対策用品も備蓄を

そして、
グローバル化が進む中において水際で封じ込むのは不可能なので普段の生活の中で感染症対策を徹底することが大事
新型コロナウイルスの感染経路の90%以上は飛沫と接触によるもので、『エアロゾル感染』もあるかもしれないが、それほど大きなものではない
感染リスクを減らすために手を触れやすいドアノブや手すり、テーブルなどをしっかり除菌して環境衛生を保つことが大切で、そうすることにより二次的な接触感染を防ぐことができる
とも述べています。
 現状ではこのウイルスに対する特効薬はなく、抗エイズウイルス薬や抗インフルエンザ薬が効いたという情報もありますが定かではありません。ただ、日本では集中治療室などの環境が整備されていることもあり、国内の発症者は武漢市のように重症化してはいませんし、SARSよりは死亡率が低いとされています。糖尿病、慢性の肺疾患、慢性の心疾患、関節リウマチなどでステロイド薬を服用している患者、がん患者、病院で高度な医療を受けている患者、高齢者については感染すると重症化のリスクが高まる可能性があるといわれていますが、これもインフルエンザと同じです。現状ではインフルエンザによる死者のほうが多く、アメリカで流行しているB型インフルエンザが日本でも流行期に入りつつあり、外来でも散見されるようになりました。コロナウイルスであれ、インフルエンザウイルスであれ、感染予防の原則は同じであり、必要以上ではなく、正しく恐れることが大事です。
しかし、現状のマスク不足は困ったもので、医療現場でも問題になっています。これから花粉症の季節にもなりますし、必要以上に買い占めたり、高額の転売などは慎んでもらいたいものです。必要な方に届くことを切に願っています。

2020.01.23

「新型肺炎」と今年のインフルエンザ

下のグラフにあるように、今年は現時点で例年に比べてインフルエンザ患者が少なかったため、あまりニュースになりませんでした。流行の立ち上がりが早かったため、大流行が心配されましたが結果的には例年より落ち着いている状況です。

インフルエンザ

それより今は中国の武漢で発生した、いわゆる新型コロナウイルス関連肺炎(2019-nCoV肺炎)のニュースで報道はもちきりの状況です。特にヒト―ヒト感染が確認されてからは、今後の大流行に備えることも重要と思われます。日本でもこのウイルスの感染患者が国内ではじめて確認されたと厚生労働省が発表しました。中国以外で確認された患者は、タイに次いで2例目です。今回、日本で確認された患者さんは、1月3日から発熱があり、1月6日に中国武漢市から帰国、同日、医療機関を受診。1月10日から入院、1月15日に症状が軽快し退院となりましたが検査の結果、1月15日夜に新型コロナウイルス陽性が確認されたという経緯です。厚労省は、今回の事例を踏まえ、以下のメッセージを発表しています。

国民の皆様へのメッセージ

 新型コロナウイルス関連肺炎に関するWHOや国立感染症研究所のリスク評価によると、現時点では本疾患は、家族間などの限定的なヒトからヒトへの感染の可能性が否定できない事例が報告されているものの、持続的なヒトからヒトへの感染の明らかな証拠はありません。風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。
 武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、速やかに医療機関を受診していただきますよう、ご協力をお願いします。なお、受診に当たっては、武漢市の滞在歴があることを申告してください。

要は、
〇風邪が流行する時期なので、単なる風邪やインフルエンザの可能性が高いから慌てない
〇どんなウイルスであれ、予防の基本は手洗い・うがい、外出時のマスクの着用などであることは変わらない
〇下記の要件に当てはまり、発熱等の症状があるときは医療機関受診時に必ず申告してください
(ア)新型コロナウイルスの患者(確定例)、またはその疑いがある患者との接触
(イ)武漢市への渡航歴
(ウ)「武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」との接触
ということです。この時期に不要不急の案件で中国に行く方はいないと思いますが、状況が落ち着くまでは自粛したほうがよいでしょう。

2020.01.06

明けましておめでとうございます。令和になって初めてのお正月ですが、皆さまにとって良い一年になることを祈念しております。

今年、当院は5年目になりますが、お陰さまで徐々に肛門疾患の専門クリニックとしても認識されるようになりました。内痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)等の手術を日帰りで行い、合計で500件近くの手術を行うようになりました。肛門疾患と言うと恥ずかしさが先に立ち、なかなか受診するにも勇気が必要なことと思いますが、毎日直面する問題でもあるので、なるべく放って置かないようにしてください。実際に診察してみると痔ではなかったり、手術までは必要ない状態であることが分かったりする場合も多いです。もし、手術する必要があると分かれば、手術をすることで今まで困ってきた問題が解決出来ることもあります。当院ではデジタル肛門橋を用いて診察しますので、病変を拡大視し、患者さんとともに状態を客観的に確認できます。そのため、治療方針についても納得して選択できることが当クリニックの特徴です。冬に痔が悪化することはよくあるので、まずは相談してください。

2019.12.12

「大腸がんは防げます」

この12月で当院が開業して丸4年となりました。当院のことを皆様にも知っていただけるようになり、また、ささやかでも地域の皆様の健康管理に貢献することができたことをうれしく思っています。今後も皆様に信頼されるよう努めていきたいと思います。

ところで、皆さんは今年のがん検診は受けられましたか?内視鏡メーカーのオリンパスの調査によると、国が指針として定める5つのがん検診において女性特有のがんである乳がんと子宮頸がんは女性の多くが検診を受けているのに対し、胃がん、大腸がん、肺がんに関しては女性の受診率は男性より10ポイント以上少ないとのことです。大腸がんは、発生したポリープが徐々に大きくなる段階でがん化するという説が有力であり、定期的に大腸内視鏡検査を施行し、ポリープがあった場合は切除することで大腸がんを予防できる可能性が指摘されています。実際にアメリカでは小さいポリープでもすべて切除しクリーンコロン(きれいな大腸)にすることで大腸がんの死亡者数は減っています。最近のノルウェーでの50-79歳の男女を対象にした研究でも、15年間の追跡期間中、1000人当たりの大腸がん発症率低下度は大腸内視鏡検査で10人、年1回の便潜血検査だと4人、隔年の便潜血検査では1人と、やはり大腸内視鏡検査を受けることで大腸がんが予防できる可能性が高いとされました。ちなみに、この便潜血検査はあくまでも大腸がん検査であって、これが正常でもポリープもないということではなりません。ポリープの有無は正直、大腸内視鏡検査でしか分からないので、今まで便潜血検査で引っかかったことがない人も、一度は大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。

大腸内視鏡と聞いて「大変そうだからやりたくない」という気持ちが働くのは仕方がありませんが、「自分は痔があるから」と言って、何でも痔のせいにしようとするのは危険です。痔もあるかもしれませんが、大腸にも病気があるかもしれないからです。内視鏡を専門とする私にとって、大腸がんが増えているこの傾向はいつも大変残念に思っています。内視鏡を苦しい検査に思わせたわれわれ医師にも責任はあるとは思いますが、検査機器も検査方法も進歩しています。”令和”になったことですし、今までの逃げ腰だった自分は平成と一緒に終わりにして、新しい積極的ながん予防の時代としましょう!!

「大腸がんは防げます」

2019.11.05

今年のインフルエンザ、その2

米疾病対策センター(CDC)は、南半球での状況を鑑みると今シーズンは北半球でもインフルエンザの流行が早まると警告していましたが、その通りに沖縄での流行を皮切りにインフルエンザの季節が始まってしまいました。今年は今のところワクチン不足の報はなく、供給に対し不安のない状況です。そして、散発的に学級閉鎖などの報告もありますが、ありがたい事に、今のところA型もB型も大流行はしていません。とは言え当クリニックでも数人のインフルエンザの患者さんも見られています。
 今シーズンのワクチンは、昨年のものから変更されており、A型H1N1およびH3N2を予防できるものになることが見込まれ、また、これまでに認められている2種類のB型株との適合性も高いとみられています。CDCは、インフルエンザの流行時期は予測不可能として、流行に備え、生後6カ月以上の全ての人がワクチンを接種することを推奨しており、流行が始まる直前の10月が、ワクチン接種に最も適した時期としています。特に5歳未満の幼児、65歳以上の高齢者、妊娠中の女性のほか、糖尿病、心疾患、喘息等の慢性疾患がある人など、インフルエンザの合併症リスクが高い人にはワクチン接種が重要です。生後6カ月未満の乳児のようにワクチンを接種することはできない人のためにも、両親をはじめとする周囲の人がワクチンを接種しての感染を防ぐ必要があり、「インフルエンザワクチンの接種により得られるベネフィットの1つは、自分自身だけでなく、周りの人を守ることにもつながること」とされています。
人間に影響を及ぼすインフルエンザウイルスにはA型(H1N1[ソ連型]、H3N2[香港型]など)とB型がある。そのうちどちらが流行するかで流行時期は毎年異なるのだが、基本的には1月下旬~2月上旬にA型が、それに遅れてB型がピークを迎えます。2008~09年は新型インフルエンザのH275Y変異株H1N1(ソ連型)が大流行したものの翌年には消失し、以降はH1N1とH3N2が交互に、同様にA型とB型も交互に流行した。流行の予測は困難ですが、これまでの流行を参照にすると、今年は2010~11年、もしくは2012~13年のようにB型が流行、A型はH1N1が多く発生するのではないかと言われています。
ワクチンくらいしか有効な予防医療はないのですが、実際、ワクチンの予防効果がどのくらいあるのかが皆さんの興味のあるところではないでしょうか。日本の小中学生におけるインフル予防接種の有効性の最近の報告では、ワクチンがウイルスにマッチしているかによりますが、7−8割は効果があったという事でした。仮に感染したとしても、重症化や入院を予防するという効果もありますので、是非流行前に予防接種を受けましょう。
タバコを吸っている方は非喫煙者に比べ5倍以上インフルエンザに感染しやすいという報告もあります、ご注意を。
ちなみに、早く接種すると効果が早く切れてしまうという方がいらっしゃいますが基本的には1シーズン効果は持ちますので流行前に接種することをお勧めします。免疫ができるまで約2週間は必要と言われています。

1 2 3 4 5 6