院長コラム

2021.09.13

内視鏡検査の感染対策

少しずつワクチンが普及していますが、現時点ではワクチンの効果は症状の発現や重症化を抑制するものの、感染そのものを阻止できるかは不明な点も多く、消化器内視鏡診療においては引き続き個人防護具(PPE)を中心とした確実な感染対策が必要とされています。しかしながら、日本消化器内視鏡学会からは、「感染拡大を過度に恐れることなく消化器内視鏡診療が実施できるよう各施設で感染対策を行い、長期的には、通常の消化器内視鏡診療体制が、あらゆる感染症に対応できる体制となることを理想とする(一部省略)」とメッセージが出ています。そこで、現在、当院で行っている、内視鏡検査における感染対策について説明したいと思います。
まず、他院と異なる点としては当院では内視鏡検査前の血液検査行っていないことです。
内視鏡検査前に行っている梅毒、B型肝炎、C型肝炎検査は内視鏡を介した感染を防ぐために、今も多くの医療機関で保険診療として行われており、人間ドックなどでは内視鏡検査をする場合は、自費で数千円を患者さんに請求しているところもあります。当院でこの検査が行われていないことに不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。内視鏡検査前の感染症検査をやっていない最大の理由は
「内視鏡をきちんと洗浄すれば感染を防げる」
「検査結果によって管理方法が変わらない」
からです。
1.内視鏡をきちんと洗浄すれば感染を防げる
日本消化器内視鏡学会の『消化器内視鏡の洗浄・消毒標準化にむけたガイドライン』でも示されているように、決められた消毒薬を用いて内視鏡洗浄機で洗浄・消毒すれば、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、HIVなどの既知の菌・ウイルスは死滅します。
また、コロナウイルス感染に対しても特別な洗浄方法があるわけではなく、今までと同様の洗浄で十分とされています。
2.検査結果によって管理方法が変わらない
ほとんどの医療機関では、梅毒、B型肝炎、C型肝炎検査の結果に応じて、内視鏡洗浄などの感染管理の方法を変えていないので、そもそも検査をする意味がありません。つまり、仮に陽性の患者さんに対しても特に対応は変わらないのです。
現在当院では、医師・看護師は、キャップ、マスク、フェイスシールド、長袖ガウン、手袋というPPEの着用、使い捨ての器具を使用すること、ガイドラインに則った内視鏡洗浄、という『スタンダードプリコーション(標準感染予防策)』を行っています。これは感染の有無にかかわらず、汗を除くすべての患者さんの血液・体液・分泌物・排泄物・傷のある皮膚、粘膜には感染リスクがあるとみなし、感染予防策を行うということです。まだ知られていない未知の感染症にも対処しているという意味でとても有用であり、患者さんにも安心して検査を受けていただける環境作りができるものと考えています。
そして、コロナ禍での内視鏡検査として、医療者を介しての患者さん同士の感染を防ぐために、日本消化器内視鏡学会の提言に則り
1. 医療スタッフの健康管理、ワクチン接種
2. PPEの着用の徹底
3. 内視鏡検査室の換気、空気清浄
などの対策を行い、検査を行っています。100%完全な対策はないと思いますが、少しでも皆さんに安心して検査を受けられるように努める所存です。
コロナ禍でもコロナ以外の疾患がなくなったわけではありません。通常と変わらない健康管理を続けましょう。

2021.08.30

新型コロナワクチンの有効性と安全性

久しぶりのコラムになります。新型コロナに関しての情報を書こうかと思っているうちに、事態はどんどん変化しており、頭が追い付かなくなり、夏休みもありついつい時間が空いてしまいました。ワクチンについてもいろんな情報が出ていますが、やはり重要なことは有効性と安全性だと思います。
まず有効性ですが、新規感染者のうち、ワクチン接種済の割合をみてみます。
8月18日に開催された新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードでの報告では、8月10~12日の期間に報告された全国の新規感染者5万7,293例のうち、
ワクチン未接種  4万7,132例   82.3%
1回のみ接種     2,956例   5.2%
2回接種       1,768例   3.1%
接種歴不明      5,437例    9.5%
ということでした。人口10万人当たりの新規感染者数としては、ワクチン未接種では67.6例、1回接種では22.7例、2回接種完了では4.0例と、ワクチン接種を2回完了した人は未接種者の約17分の1の割合であることが明らかとなりました。また、米国疾病予防管理センター(CDC)は、米国内で新型コロナウイルスワクチンの接種を完了した人のうち、コロナ感染により死亡した例は0.001%未満、重症化した例は0.004%未満に留まっていることを、最新データで明らかにしました。
また、妊娠中のCOVID-19ワクチン接種の安全性に関するエビデンスも徐々に増えており、CDCは、「COVID-19ワクチンを受けるベネフィットが、妊娠中のワクチン接種の既知または潜在的なリスクを上回ることを示唆している」とし、1回目接種後に妊娠が判明した場合でも、2回目の接種を受ける必要があるとしています。日本でも先日の千葉県柏市での事例を受け、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本産婦人科感染症学会は、妊婦に対して、妊娠中、とくに妊娠後期に新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすいため、時期を問わずワクチンを接種することを推奨しています。若年層へのワクチン接種も始まっていますが、デルタ株の流行により「若い人は感染しにくい」「若い人は重症化しにくい」という認識が崩れてきており、若年層の中でもワクチン接種を希望する気持ちが強くなる一方で、副作用が怖くて受けたくないという意見も散見されます。もちろん、本人の気持ちが一番ですが、大事なことはデマに惑わされないことだと思います。「妊娠前の接種は不妊、妊娠中は流産につながる」「遺伝情報が書き換えられる」などまことしやかなものや「体に磁石がくっつく」「マイクロチップが埋め込まれる」など怪しく聞こえるものもありますが、ワクチンを受けたくない人はこれらの情報を信じたがる傾向があるそうです。いろんな意見で自分が接種を受けないのは自由ですが、その価値観を押し付けたりSNSに発信して他人を惑わすのはどうかと思います。皆さんも「友人の友人」とか「出所の分からないネットでの情報」のような真偽が確認できないような情報に惑わされないようにしてください。新型コロナにかかってから「ワクチンを受けておけばよかった」と発信している芸能人のことやワクチン反対派で亡くなった落語家さんの友人が「皆さんはワクチンを打ってください」と発信してることをどのように思われますか?抗体カクテル療法など治療も進んではきていますが、やはり今でもコロナの対策の中心はワクチン接種であることは間違いありません。
接種開始前には心配されていたアナフィラキシーですが、厚生労働省によれば、アナフィラキシー報告はファイザー製で100万回接種あたり7件、モデルナ製で100万回接種あたり1.0件と非常に稀です。ちなみに、厚労省は1回目の接種でアナフィラキシーを起こした人は2回目は禁忌と言っていますが、海外では1回目の接種でアナフィラキシーを起こした人にも2回目を接種し、安全に接種を行えたとの報告もあります。リスクとベネフィットを考えた場合、それでもベネフィットの方が多いという考えでしょうか。いずれにしても、今後さらに情報が集まり、ワクチンが十分に流通するようになれば、インフルエンザワクチンの様に日常的に接種できるようになるのかもしれません。私もせっかくワクチン接種を受けたので、早くみんなで外食できるようになるとうれしいなといつも思っています。

2021.06.28

ワクチン接種後スパイクタンパク抗体(中和抗体)検査

新型コロナウイルスの2回目の接種を既に終えられた方も増えてきていると思いますが、自分自身がきちんと抗体を獲得できているか気になるところだと思います。

千葉大学からの報告では
・男性より女性が抗体価が上がりやすい
・年齢が若い方が抗体価が上がりやすい
・1回目と2回目の接種間隔が長い方が抗体価が上がりやすい
・抗アレルギー薬の内服があると抗体価が上がりやすい
・免疫抑制薬の内服があると抗体価が上がりにくい
と報告されていますが、自分はどうかと気になると思います。そこで、当院でも抗体検査を導入することとしました。今までの抗体検査はコロナウイルスに感染したことがあるか調べるIgG(N)抗体検査でしたが、今回導入したものはIgG(S)抗体検査です。

検査方法  使用目的
IgG(S)抗体検査(スパイクタンパク抗体) ワクチン接種後の中和抗体が産生されたか調べる
IgM抗体検査 現在、ウイルスが体内に存在するか調べる
IgG(N)抗体検査 過去、ウイルスが体内に存在したか調べる

スパイクタンパク質(S)に対する抗体とは
現在接種されているファイザー社のものもモデルナ社のものもmRNAワクチンであり、このタイプのワクチンは、ウイルスの表面に存在するスパイクタンパク質(S)に対する抗体を誘導することで、COVID-19の発症予防効果を発揮します。このスパイクタンパク質(S)に対する抗体が、ワクチン接種後の免疫獲得を示す良い指標であると考えられています。

スパイクタンパク抗体(中和抗体)検査をおすすめする方
・過去に新型コロナに感染したかどうかはっきりせず、ワクチンを接種すべきかどうか迷っている方。
※過去に新型コロナに感染していても、WHOはワクチン接種を推奨しています。
・ワクチン接種後に副反応がない、もしくは弱かったため、ワクチンの効果が心配な方。
・1回目のワクチンで副反応が強く、もう抗体がついているのか確認したい方。
※ワクチンは2回の接種が推奨されています。
・ワクチン接種後の自分の抗体価を確認したい方。
・免疫を抑制する薬・治療(ステロイドなど)をしていて、抗体がついているか心配な方。

スパイクタンパク抗体(中和抗体)検査はいつ受ける?
・ワクチン接種後28日目以降が目安です

スパイクタンパク抗体(中和抗体)がどれくらいあればいい?
ウィルス量を50% まで減少させることを確認する培養細胞での試験(プラーク減少中和試験(PRNT))では、4160AU/mlあれば95%の確率で高力価とされていますが、それ未満であっても中和活性が認められないというわけではありません。
ただし、ヒトの体内でどれだけの抗体価があれば、発症や重症化予防に十分であるかは明らかになっていません。
今回の検査では50AU/ml以上であれば【陽性】と判定されます。

スパイクタンパク抗体(中和抗体)はいつまで残る?
国立国際医療研究センターから2回目接種後7日の時点が最も高く、2カ月で平均41%に3カ月で25%に減少する可能性が報告されていますが、その時点でも4160AU/ml以上あることから十分に抗体が産生されている可能性が高いと考えられます。

注意事項
・スパイクタンパク抗体(中和抗体)が陽性であれば、免疫を獲得している状態で再感染や重症化のリスクは低いと考えられます。しかしながら、終生免疫を保障するものではなく、また、抗体があっても感染しないということではありませんので、引き続き感染予防に注意して生活してください。
・タンパク抗体(中和抗体)が陰性だった場合、何らかの理由で抗体が十分に産生されなかった可能性がありますが、日本では追加接種は認められていません。

スパイクタンパク抗体検査は自費診療です(6,000円、税別)

私を含め当院のスタッフ全員にこの検査を施行したところ、全員陽性、平均は10467AU/mlでした。一安心というところですが、予防接種が進んだイスラエルでもマスクの義務を中止したところ、感染が再拡大してきています。抗体ができたからといって油断すると変異型にやられてしまうかもしれないということでしょうか。
COVID-19 の全貌が明らかになっていない現状では、予防接種が終わっても、抗体ができても、油断しないで換気、マスク、消毒がまだまだ重要です。

2021.05.24

「新型コロナワクチン予防接種」始まる

ここ埼玉県でもインド型変異株が検出されるなど全国的に新型コロナ感染症の勢いも強く日常生活が脅かされている事態が続いています。外出制限や手指消毒、マスク着用をしている方にとって、これ以上の対策として期待されているのは、やはりワクチン接種になるかと思います。各地で高齢者に対する予防接種が始まっており、埼玉での大型集団接種会場での予約も5月25日から始まります。白岡市でもすでにワクチン接種は始まっており、当院でも今週から対応を開始します。なるべく多くの方に接種したいと考えてはいますが、アナフィラキシー対策としての観察時間も必要であり、また、密を避ける必要もあり、診療中にどう対応するかも含めて悩ましいところです。なので、当初は枠を絞っているために当院のかかりつけでありながら予約をとれなかった方には申し訳ない気持ちです。
当院スタッフはありがたいことに私を含め全員ワクチン接種を無事終えました。みんなの経験をまとめると
1.注射したところはしばらく痛い
2.発熱・熱感・倦怠感は出る可能性が高い
3.1回目より2回目のほうが副反応は強い
というように、今までに言われていることと同じ結果でした。ただし、2日後にはほとんど症状は改善します。私を含め花粉症などのアレルギーのある者もだれもアナフィラキシーにはなりませんでした。
もちろん、100%安全ということはありませんから、最後は皆さん自身が接種されるか決めなければいけません。接種を受けない自由もあります。私は自身が感染するというより自分を介して誰かに感染を広げてしまうことが怖いので接種を受けました。
白岡市では接種を受けるには予約が必要ですが、それは各施設が個別で受けるのではなく、予約センターが一括で行っているため、当院に電話されても予約はできませんのでご了承ください。
最近診療中に患者さんたちによく聞かれるのは、『自分はワクチン接種を受けていいか?』という質問です。これに対しては厚労省がホームページで以下のように答えています。
Q)ワクチンを接種することができないのはどのような人ですか。
一般に、以下の方は、ワクチンを接種することができません。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを接種しても良いか、かかりつけ医にご相談ください。
・明らかに発熱している方(※1)
・重い急性疾患にかかっている方
・ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症(※2)の既往歴のある方
・上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方
(※1)明らかな発熱とは通常37.5℃以上を指します。ただし、37.5℃を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
(※2)アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。
Q)ワクチンを接種するのに注意が必要なのはどのような人ですか。
一般に、以下の方は、ワクチンを接種するに当たって注意が必要です。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを接種しても良いか、かかりつけ医にご相談ください。
・過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方  
・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方  
・過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた方  
・過去にけいれんを起こしたことがある方 
・ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方
また、新型コロナワクチンは筋肉内に注射することから、  
・抗凝固療法を受けている人、血小板減少症または凝固障害のある方
は、接種後の出血に注意が必要とされています。
心配な方はかかりつけ医にご相談くださいということになっていますので、当院かかりつけの方はすべて当院で接種できれば一番話が早いのですが・・・。
そして、接種後の生活ですが、以下のことに注意してください。
・ワクチン接種当日は過度な飲酒を控えましょう
・ワクチン接種当日は激しい運動は控えましょう
・入浴は問題ありませんが、注射部位を強くこすらないように注意しましょう( 発熱した場合は入浴は避けてください)
そして、一番大事なことは
ワクチン接種後も「3密の回避」「マスクの着用」 「石けんによる手洗い・手指消毒」は継続しましょう
ということです。海外ではワクチン接種後はマスク無しでもOKというところもありますが、やはり、感染対策の基本です。そのうちに元の生活になるかもしれませんが、今はまだ我慢しましょう。
予防接種を受けるときには必ずクーポン券を持参してください。また、肩全体をすぐに出せる服で接種会場に行きましょう。

2021.04.30

「新型コロナワクチン( 1回目)」接種しました

2月17日から先行接種対象者に接種開始となったファイザー社の新型コロナワクチンですが、当院スタッフにもついに接種できることとなり、近くの総合病院で1回目の接種を受けました。今までわかっている情報から、副反応に関しては承知していましたが、やはり、その通りでした。注射直後は痛みを感じませんでしたが、その夜から接種部に痛みが出現しました。赤くなったり腫れたりはしませんでしたが、約2日間痛みはありましたが、その後は完治しました。頭痛や発熱は自覚しませんでした。他のスタッフにも確認しましたが、当院での副反応の発生率は70%でした。接種部の痛みのみで発熱や倦怠感などは出ませんでした。
全国ではどうかというと、約18000人の医療従事者に行ったワクチン接種の結果、
主な症状と発症率は以下のとおりでした(1回目/2回目)。
発熱(37.5℃以上):3.3%/35.6%
発熱(38℃以上):0.9%/19.1%
接種部位反応:92.9%/93.0%
発赤:13.9%/16.0%
疼痛:92.3%/91.9%
腫脹:12.5%/16.9%
硬結:10.6%/9.9%
熱感:12.8%/16.6%
かゆみ:7.9%/10.4%
倦怠感:23.2%/67.3%
頭痛:21.2%/49.0%
接種部位の疼痛については1回目、2回目ともに接種翌日時点で約90%の接種者が記録しており、これは2009年のインフルエンザワクチン 2万人調査での疼痛出現の割合(43.8%)と比較しても、頻度が明らかに高いことが示されています。そして、ほとんどの副反応が1回目より2回目に出やすくなっています。これはアメリカでのファイザー社のワクチンを接種していた症例での有害事象が、1回目より2回目投与後のほうが多く、発熱と悪寒の割合は2回目の投与後のほうが1回目よりも4倍以上高かった、という報告に一致していると言えます。懸念されてたアナフィラキシーの報告は 3/21時点で135件で、割合は100万回当たり81件で、全て回復したとのことです。
3週間後に2回目を接種するため、今度は熱が出るかもとも思いますが、全身の反応が出るのはワクチンにきちんと免疫系が反応しているとも言われていますしある程度は仕方がないことなのだと思います。当院も予防接種のサテライト施設となっているため、皆さんに接種する前に接種を終わらせ、万全の体制で臨みたいと思います。ワクチンを心待ちにしている方、不安で迷っている方、いろんな考え方があるかと思いますが、また感染者が増えてきている中、普段から十分に感染対策をしている方は、これ以上何をすればいいのかと思っていらっしゃるかと思います。イスラエルでの感染抑制の報告もあり、他に効果的な方法がないことからも、やはりワクチンは有効と思われます。
一部報道では医療機関が協力しないから接種が進まないとの報道がありますが、少なくともこの地域では単純にワクチンが足りないからです。それでも少しずつ準備が進んできていますので、感染予防対策をしながら接種の順番を待っていてください。私達もできる限り協力したいと考えています。

2021.02.22

新型コロナワクチンとかかりつけ医

日本でもいよいよ医療従事者へのワクチン接種が始まりました。
ワクチンの効果と副作用が気になるところです。連日テレビでも色々と報道されていますが、本日のニュースでは、良い報告がありました。予防接種が先行しているイスラエルでは、米ファイザー社製のワクチンを2度接種することにより、新型コロナウイルスによる死亡例が98.9%減少したとする調査結果が報告されました。発症率全体については95.8%低下したとのことです。この調査は、2月13日の時点で、その2週間前までに2度目の接種を終えた人々と、ワクチン未接種の人々を比較した結果です。重症化予防にも発症予防にも効果があったということを証明した形です。
また、副作用については、米疾病対策センター(CDC)から、2021年2月20日までに、昨年12月から1カ月の間に新型コロナウイルス感染症ワクチン接種後に起きたアナフィラキシーと呼ばれる重いアレルギー反応の発生率は100万回に4.5件で、他のワクチンと比べて同程度だったとの報告がありました。アナフィラキシーの頻度は、インフルエンザワクチン(1・4件)や帯状疱疹ワクチン(9・6件)と同程度でしたが、今までは100万回に11.1回との報告だったので、長い目で見ると従来のワクチンとあまり変わらないということなのでしょうか。
この結果に加えて、先行接種した医療従事者の結果がそのうちに報告されると思うので、それらを併せて皆さんが接種を受けるかどうかを最終的に判断することになります。
テレビなどでは、その際にかかりつけ医に相談するようにと説明していますが、そもそもかかりつけ医とはなんでしょうか?【かかりつけ医】について日本医師会が説明していますので紹介します。
かかりつけ医とは、「なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」(定義)となっており、普段から内服薬を処方されたり、検査を受けている、などの表現が一切ありません。この定義では、初めて診る患者さんでも「うちのかかりつけ」ということになるため違和感を覚えます。これは私からすると「地域のかかりつけ医」というイメージです。やはり、普段から通院されていて、持病や、いつもの状態を把握できているからこそ「かかりつけ医」としてアドバイスができるのだと思います。
ワクチンの話に戻りますが、そのうち自分も接種を受けることになるかと思いますので、その際はまたご報告したいと思います。

2021.02.08

新型コロナワクチンQ&A

現在、新型コロナウイルスに他するワクチンに関しての情報が多く飛び交っていますが、まだ、決まっていないことも多く、不安ばかりが先に立っている状況かと思います。
私たち医療者に先行投与されると言われていいますが、それでさえ詳細が決まっていない状況です。

今回、みなさんが不安に思っているのは
Q1.いったいいつ接種できるのか?
Q2.映像では、注射器を深く垂直に指しているが、今までの予防接種とはやり方が違う?
Q3.mRNAを用いた未知のワクチンは安全なのか、効くのか?
と言ったところでしょうか?

これらに関する答えとしては
A1.政府からの発表を待つしかありません。
A2.今回のワクチンは日本で馴染み深い皮下注ではなく、筋注で行われるためです。海外ではコロナワクチンに限らず、ワクチン接種は基本的に筋注で行われており、副反応は筋注の方が少ないとされています。今回は、但し書き通りに、日本でも筋注で行われる予定です。内視鏡検査の前に筋注されたことがある方は痛みは予想がつくと思います…。
A3.多分最初に日本で接種が行われるであろうファイザー社のワクチンについて有効性や安全性について説明したいと思います。

このワクチンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を引き起こす、ウイルス表面のスパイクタンパク質の遺伝情報を含んでいるため、接種すると、mRNAの情報に基づいてヒトの細胞表面にスパイクタンパク質が形成されます。ヒトにとっては異物であるこのスパイクタンパク質を認識した免疫系により抗体が作られることで、本物のウイルスが侵入しようとしてもブロックされ、感染を防御するという仕組みです。
このmRNAは、スパイクタンパク質が形成された後、速やかに分解されるため、mRNAが細胞核の中に入ることはなく、DNAに変換されることは決してないとされています。つまり、人の遺伝情報を書き換えることはないということです。また、このワクチンは生きたウイルスを含んでおらず、また、スパイクタンパク質が感染を引き起こすことはないとされています。
インフルエンザワクチンの有効性が一般に40~60%であるのに対して、新型コロナウイルスワクチンの発症に対する有効性は95%、重症化に対する効果は89%であるとされています。

副反応としては、主なものとして、接種部位の局所の痛み・腫れ・発赤(80%)、発熱(14%)、頭痛(60%)、筋肉痛(40%)、悪寒(30%)、があり、1回目より2回目の接種でおきやすく、年齢は55歳で起きやすいとされています。これらは体が免疫を作る過程で生じるもので、1−2日以内に消失するので、過度な心配は不要です。解熱鎮痛剤で対応可能ということです。ただし、ごく一部の人にアナフィラキシーと言われる重篤なアレルギー反応が生じることがあります。今回のワクチンでは189万3360人が初回接種を受けた際に、21人がアナフィラキシーと判定されました。他のワクチンでもアナフィラキシーが生じることがあり、100万回投与すると0.3−2.1回生じると報告されていますが、、このワクチンでは100万回当たり11.1件とやや多い結果でした。アナフィラキシーを起こした21人のうち17人は、医薬品や食品、昆虫刺傷などに対するアレルギーの既往歴があり、このうち7人は過去にアナフィラキシーも経験していました。そのため、米疾病対策センター(CDC)は、新型コロナウイルスワクチンに含まれる成分(ポリエチレングリコールが怪しいとされている)に対してアレルギー反応が生じたことのある人は、このワクチンを接種するべきではないとしています。また、他のワクチンに対してアレルギー反応が生じたことのある人は、医師に相談することを勧めています。その一方で、ワクチン以外のアレルギー(食物、ペット、季節性アレルギー、花粉症など)のある人は、このワクチンを接種しても安全であるとされていますが、アナフィラキシーは生じるときは30分以内に生じることが多いため、接種後ある程度の時間は状態を観察する必要があるとしています。

日本でも今回のワクチン接種にあたり、接種を行う施設ではアナフィラキシーを生じたときに速やかに対応できるような物品を用意するように指示されています。

各国に先んじてワクチン接種を開始したイスラエルでは明らかに感染者が減ってきており、明らかな副反応による死亡者の報告もないことから、やはりワクチン接種は感染対策として有効であると思われます。新型コロナに対して特効薬がない今、感染予防が重要であり、マスク着用、手洗い、ソーシャルディスタンスの維持だけでなく、ワクチン接種がパンデミック対策としては不可欠です。とはいえ、接種するしないの選択は自由です。100%安全なワクチンというものは存在しなため、リスクとメリットを天秤にかけてご自身で判断してください。私見ではありますが、高齢の方は、感染した際に重症化したり死亡するリスクも高いので接種する方が良いように思いますし、薦めるからには自分もワクチン接種を受けるつもりです。

2021.02.01

新型コロナと花粉症対策

今年も、いよいよ花粉症シーズンに突入します。昨年12月9日に発表された『2021年春の花粉飛散予測(第2報)』によると、スギ花粉の飛び始めは全国的に例年並み、早い所では2月上旬から飛散するとのことです。また、今年の飛散量は広範囲で例年より少ないものの、前シーズンに比して多くなり、所々で非常に多くなることが予想されています。これは、昨年の飛散量が例年の5分の1だったことが影響しています。そのため、軽症の人は去年は症状が出なかったかもしれませんが今年は注意が必要です。そして今年はコロナ禍という特殊な状況が問題を複雑にしています。というのは、新型コロナウイルス対策として“換気”が必要なのに対し、花粉症対策は“密閉”がそれぞれの基本姿勢という、相反する状況があるからです。やはり換気はせざるを得ないため、花粉症の方がどれだけ対策をするかが重要となります。そこで、最も気をつけなければならないのが「くしゃみ」です。COVID-19の無症状感染者は「くしゃみ」や咳などの症状がないため、本来であれば症状がある人に比べウイルスを拡散するリスクが低いのですが、花粉症を持っているとその症状として「くしゃみ」が出ることでウイルスを拡散するリスクが高まってしまいます。製薬会社が行った意識調査では
■新型コロナウイルス感染症流行後、人の「くしゃみ」が気になる度合が増した人が80.3%
■「くしゃみ」をする人がマスクをしていても「変わらず気になる」という人が8.7%、「少し安心するけどやはり気になる」という人が62.3%
■新型コロナウイルス感染症の流行後、自身が「くしゃみ」をした際に周囲の目が気になる度合が増した人は88.4%。家庭内では「特に気にならない」が40.3%
■花粉症による「くしゃみ」が人に感染させるリスクになると思う人が83.8%
■花粉症の治療に前年より力を入れたいと思っている人は23.9%
という結果でした。つまり、自分も他人も感染リスクとしての「くしゃみ」を気にしており、マスクだけでは対策としては不十分で、今までよりしっかり治療したほうが良いと自覚している人が増えたということです。治療しないで、くしゃみや鼻水、涙目、目のかゆみなどの症状を放置していると、新型コロナウイルスを他の人にうつしたり、自分がかかる可能性も高くなりますので、花粉症の症状を抑えることはCOVID-19対策にもなります。ぜひ医療機関を受診してください。各医療機関は感染対策を十分に行なっておりますので、受診控えはしなくて結構です。
当院でも症状に合わせて内服薬や点眼薬、点鼻薬を処方いたします。また、根本的に治療したい方は舌下免疫療法も行なっておりますのでご相談ください。

2021.01.05

コロナ禍と肥満

この年末年始も巣ごもり生活を迫られると思いますが、そうなるとついつい食べ過ぎたり運動不足になることで太ってしまうことが心配になるかと思います。先日、肥満リスクを相加的に高める不健康な食習慣について日本から報告がありました。今までも「間食」「早食い」「就寝間近の食事」という3つの習慣と肥満との関係は一般的な情報として社会に定着していますが、そのような食習慣が積み重なった場合に、肥満のリスクがより高くなるのかどうかは明確にはされてきませんでした。今回の研究では、対象者全体を前記の不健康な3つの食習慣の有無で分けて、その背景を比較すると、以下のような違いが見られました。
間食の習慣がある群はない群に比べ、女性の割合が高く、喫煙者、飲酒習慣のある人、就業者、独居者の割合は低い。
早食いの習慣がある群はない群より若年。
就寝間近に食事をする習慣がある群はない群に比べ、若年で、喫煙者、飲酒習慣のある人、就業者、独居者の割合が高く、女性の割合は低かった。
すべての食習慣について、ある群はない群よりも、肥満・腹部肥満の頻度が有意に高いことが明らかになった。
これら3つの食習慣が1つもない場合に比べ、1つ該当する場合は肥満は1.53倍、2つでは2.62倍、3つでは3.65倍と、該当数が多いほど肥満を有するリスクが高まることが明らかとなった。
肥満に関しては、若年層(59歳以下)、男性、運動習慣のない人、就業者において、不健康な食習慣の該当数が増えることの影響がより大きいことが分かった。また、腹部肥満に関しては、若年者、男性、就業者において、該当数が増えることの影響がより大きかった。
単純に言うと「間食」「早食い」「就寝間近の食事」の習慣が1つでもあると1.5倍、2つあると2倍以上、3つあると3倍以上と覚えるといいと思います。特に運動をしない若い男性は気を付けましょう。
新型コロナを心配しすぎて、受診控えをすることで持病が悪化したり、疾患の発見が遅れることが危惧されています。医療機関は換気・消毒など対策をしておりますので、皆さんもマスク着用・手指消毒し大声で話をしない、熱や呼吸苦があるときは事前に医療機関に連絡してからの受診する、などの対策をしながら受診をお願いいたします。

2020.12.14

「まず、かかりつけ医に電話で相談」

厚生労働省は、新型コロナウイルスに感染したと疑われる人が受診する際の相談先を、診療所の「かかりつけ医」など、身近な医療機関が担うという新たな医療体制を公表した。「地域の実情に応じて、多くの医療機関で発熱患者を診療できる体制」の整備を目標としているためです。そもそも「かかりつけ医」とはなんでしょう?
日本医師会は「かかりつけ医」とはなんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師、と定義しています。海外で言う「ホームドクター」とはやや異なります。と言うのは、海外ではどんな疾患であれ、まず受診する医師で、唯一の存在です。というのも日本ではフリーアクセスという、誰でも、どの医療機関にでも受診できるシステムだからです。なので、一般的には、患者さんも医療者側も定期的に通院している医療機関を「かかりつけ医」としていると思われます。
この埼玉県では風邪症状等があった場合、
「 もし、発熱したら 受診するための3ステップ 」として
※ まずは、かかりつけ医に相談。
    かかりつけ医で対応できない場合には…

  1. 医療機関を検索
    新型コロナとインフルエンザ両方の診療ができる「埼玉県指定 診療・検査医療機関」を検索システムからお探しください。
    URL https://www.pref.saitama.lg.jp/a0710/hpsearch.html
  2. 受診の予約
    他の症状の患者さんとの接触を避けるため、医療機関ごとに発熱患者専用の 受付時間を設定しています。 必ず事前に予約をしてください。
  3. 受診
    必ず、予約した病院で受診してください。

となっています。当院は指定を受けていないので検索システムには載っていません。
それでは、当院かかりつけの患者さんはどのようにしたら良いのでしょうか?

当院はこのかかりつけ医のところに相当します。当院ではPCR検査は行えませんが、かかりつけの患者さんには責任をもって対応し、新型コロナ感染の可能性を調べるために胸部レントゲン検査や新型コロナ・インフルエンザ抗原検査を行い、症状に応じて指定医療機関に紹介、もしくは医師会のPCRセンターで検査をできるようにします。
かかりつけの患者さんで、「自分はコロナ感染している?」などの体調に不安のある方は連絡してください。かかりつけ医に相談するときの目安は下記の通りです。

新型コロナについて「かかりつけ医」に相談する時の目安
(1) 糖尿病などの基礎疾患を持っていて、発熱など症状に変化がある人は、まずは、かかりつけ医に電話で相談する。
(2) かかりつけ医より、「当院に何時に受診する」もしくは「どの医療機関を受診すればよいか」「どのタイミングで受診すればよいか」といった指示を受ける。
(3) 相談する医療機関に迷った場合には、「埼玉県受診・相談センター」に電話で相談する。
電話番号 048−762−8026(FAX番号048−816−5801)
受付時間:9:00−17:30 月曜日から土曜日(祝日含む)

1 2 3 4 5 6 8